わからないことがある

BRTAとは

BRTAとは何か?について、あらためてお伝えします。

HIVの治療が大きく進歩した現在、日本では、世界的に見ても充実した治療環境が整備されています。感染を早めに知ることえ、これまでと同じように働くことができます。
しかし、なかなかHIV検査を受ける機会がなく、未だ検査を受けずにいる方が大勢いらっしゃいます。
日本ではエイズを発症して初めてHIVに感染してわかる方が新規HIV感染全体の約3割を占めているという現状があります。感染からかなり時間が経過して、エイズを発症してわかった場合、治療もたいへんになり、退職や休職の要因にもなります。
そこで、企業が率先してHIV検査に取り組むことで、社員のみなさんに検査を受けていただきやすくなりますし、みなさんの健康維持や生産性の向上にもつながります。
法的検診を一歩進めることが、社員のみなさんの健康意識の向上、ひいては医療費のコストの減少にもつながるのです。
そこで、厚労省の研究班や支援団体と企業が連携し、会社や社員のみなさんが費用を負担することなく、検査を受けていただける仕組みをつくりました。それがBRTA JAPANです。

BRTAに関するQ&A

Q. 検査は強制なの?

A. 強制ではありません。ただし、検査を受けたくないという方も、検査キットを返送していただく必要があります。

Q. プライバシーは守られるの?

A. 完全に守られます。社員のみなさんにはご自分でパスワードを設定していただき、後日、このサイトから検査結果をご確認いただけるようになります。検査結果が会社に伝わることはありません。

Q. 検査は面倒だったり痛かったりする?

A. ごく簡単ですし、痛みもほとんどありません(詳しくはこちらをご覧ください)

HIVに関するQ&A

HIVやエイズについて、もっとよく知りたいという方は、以下をご覧ください。

HIV/エイズってどんな病気?

HIV※はウィルスの名前です。主に性行為などを通して、体内に侵入します。感染をほおっておくと、数年から10年くらいでエイズを発症します。

HIVは、人の免疫の重要な役割を果たすCD4陽性リンパ球に取りつき、破壊します。免疫が低下していくと、普段だったら何ともないような病原体によって、さまざまな症状が出てきます。日本では、典型的な23の症状が出た状態を、エイズ※の状態であると診断します。HIVは感染力がとても弱く、日常生活でうつることはありません。

※「ヒト免疫不全ウィルス」の略
※「後天性免疫不全症候群」の略

HIV陽性になると寿命が短くなるの?

2016年に発表されたデンマークの研究※では、最近診断されたHIV陽性の人と一般住民の寿命の差は、約6歳とされています。HIV陽性とわかった場合でも、きちんと治療をすれば、老後を考える時代になっています。ただし、発見が遅れると、障害が残ったり、治療が難しくなったりする場合もあるので、早期の発見が大切です。

※出典: Lohse N, Obel N. Update of Survival for Persons With HIV Infection in Denmark. Ann Intern Med. ;165:749–750. doi: 10.7326/L16-0091

感染がわかったら、すぐに病院へ行った方がいいの?

多くの場合、体調の変化はゆっくりです。しかし、症状の有無にかかわらず、なるべく早く専門の医療機関へ行き、身体の状態をチェックしましょう。どの医療機関へ行ったらいいかわからなかったり、迷っている場合などには、HIV陽性者向けの相談サービスを利用してみてください。

健康保険を使うと会社にばれないの?

健康保険組合が、レセプトを通じて得た個人情報を職場に伝えることは、法律で禁じられています。また、HIV陽性とわかっても、他の病気や障害と同じく会社に報告する義務はありません。

治療にはどれくらいお金がかかるの?

HIVに感染している人は、身体障害者手帳の対象になっており、医療費の自己負担を少なくする制度があります。月の負担が0円から2万円までの5段階で、前年度の住民税の納税額に応じて、自己負担の金額が変わります。単身者で平均的な所得の会社員の場合、病院でかかる費用と院外処方箋薬局でかかる費用をあわせて上限が1万円になっています。

同居の家族やパートナーにも感染するの?

一緒に生活をしたり、同じ職場で働いたりすることで、HIVがうつることはありません。感染経路は、感染に気づかないでいる人や、治療途中で体内のHIVがまだ残っている人との予防をしない性行為などに限られます。歯ブラシやカミソリについては、他の感染症もあるので、別々のものを使いましょう。

子どもはつくれるの?

日本においても、女性のHIV陽性者たちも子づくりをしています。お母さんが感染していても、母体の中の赤ちゃんは感染せずに成長します。出産時にお母さんの血液を浴びることで、感染の機会があると考えられています。お母さんが抗HIV薬を服用し、出産時には赤ちゃんに感染が及ばないような帝王切開などの予防措置をとることで、赤ちゃんは感染せずに生まれます。

いかがでしょうか。
きっと、HIVに関する基本的な事柄がわかったはずです。
その調子で、HIV検査もぜひ、受けてみましょう。

HIV検査を受けたことがなくて不安、とか、万が一感染してたらどうしよう、とか、何か不安や心配がある方は、こちらをご覧ください。採血の仕方などについては、こちらをご覧ください。